メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。
22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計130万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』(かんき出版)。 日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
最近では、映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。




○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・スゴコトスマホ版
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2017.08.04 Friday

「いただいた感想を書店POPにします!」@引き寄せの旅

【「いただいた感想を書店POPにします!」キャンペーンをやります!】

 

 

先日出版されたばかりの「引き寄せの旅」、早くも素敵なお便りが届きました。

頑張って書いた本が心に届いたことを知る瞬間ほど、嬉しいことはありません。

http://taku-blog.jp/?eid=8867

 

その感想を読んで、出版社の方からこんなメッセージが届きました。

 

ーーー

山崎さん、ありがとうございます。めちゃくちゃ嬉しい感想ですね!

旅に出るきっかけになれば、という気持ちも、旅の疑似体験になれば、という気持ちも両方をこめてつくったので、

その意図がちゃんと届いて感無量です。

「わたしのパワースポットなった本」というフレーズなんて書店POPに使わせてもらいたいくらいのフレーズですね!

素敵なメッセージをありがとうございます。

・・・ふと思ったのですが、

単純に、僕も山崎さんも感想をいただけることはすごく嬉しいですし、

その感想の中に本当に素敵な言葉があって、それを書店POPにさせていただくことで、

また違う誰かがこの素敵な本を知るきっかけになるのではないかと思います。

感想をくださった方にとっても、ご自身の言葉が全国のどこかの書店に飾られているのは

ちょっぴり笑顔になる、嬉しいことなのではないか、と。

ーーー

 

というわけで、「いただいた感想を書店POPにします!」キャンペーンをやりたいと思います。

「引き寄せの旅」を読まれた方、ぜひ下記の出版社(ライツ社)のアドレスに以下のよう内容を記入の上お送りください。

 

宛先:info@wrl.co.jp

 

件名:「いただいた感想を書店POPにします」キャンペーン

本文:感想・性別・ご職業

 

感想を送っていただい方すべては難しいかもしれませんが、

できるだけ多くの方の言葉を書店POPにし、全国の本屋さんに置いていただき、

その模様を写真に撮って(出版社の方が撮ってきてくださいます)また、ぼくのfacebook上でお届けしたいと思います!

 

みなさんからのお便りが力になってます!!