メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計140万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』『お金のポケットが増える スゴイ!稼ぎ方』(かんき出版)。
日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。
又ベストセラーとなった『やる気のスイッチ!』を元に「やる気を出す方法についてもっと知りたい!」という方の為に、やる気のスイッチセミナーを開催し、多くのファシリテーターも生みだしている。
最近では、新刊のスゴイ!シリーズとして「スゴイ!話し方」「スゴイ!稼ぎ方」のセミナーや勉強会も頻繁に行なっている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。



○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2017.06.12 Monday

2017/06/12 0:50 日本に帰り着きました!100個の夢をもう一度、書いた!!! スゴイいい時間!

 

日本に帰り着きました!

ふ〜♪

 

飛行機の中で

まず、自分が誰なのかの因数分解。

*参考「コーチングノート」

↓↓↓

 

 

http://grandline.xb.shopserve.jp/

その後、

ひとつ、ひとつの自分の夢と期限を記入・・・

100個の夢をもう一度、書いた!!!

スゴイいい時間!

 

 

エアフラって

ジャガーのリムジンで飛行機まで(根元まで)

運んでくれるんです。

 

ラウンジは・・・

食事があまりにも美味しくてビックリ。

アランデュカスだった!!!

 

 

パリの街で見つけたデュカスのチョコレート屋さん!

山崎拓巳、はまっちゃいます!(笑)

 

 

パリの部屋もレントで出します。

全部、荷物、ないです(笑)

借りたい人、いませんか〜

 

 

ドウニャが連れて行ってくれた四川料理・・・

 

 

美味しかった〜♪

 

 

ここも美味しいらしい!!!

 

 

ピカソが住んでいたパリの部屋・・・

山崎拓巳、ラッキーナンバーです!(笑)

 

 

 

__________________________

 

各地でお世話になっています!!!

 

ズボラな女たち・・・

ズボラクック♪大人気!

@麻布十番オフィスにて

 

 

意外に美味しそう!

やばい!

 

 

ありがとうございます!

 

 

みんなが各地で学んでる・・・

 

 

ありがとうございます!

 

 

関西、スプリーデンツ!

初戦勝ち進みました。

 

 

ヤルッチチルドレン!!!

がんばってね!!!

 

 

 

 

お!

オリンピックだね!

がんばれ!

 

https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=A99Dk8x6u3A

これを観ると凄さがわかります。

流石、オリンピック競技だね!

 

 

応援ステッカー、買いたい!!!

 

__________________________

 

本田健さんのオススメ本!!!

 

↓↓↓

 

 

今週の1冊は、佐々木正美さんの
『あなたは人生に感謝ができますか?』です。

著者の佐々木さんは児童精神科医で、ブリティッシュ・コロン
ビア大学留学後、東京大学精神科、小児療育相談センターなど
を経て、現在は川崎医療福祉大学特任教授をされています。
彼女は、「アイデンティティ」の概念を提唱したな心理学者エ
リクソンや、フロイトの娘のアンナ・フロイトなどと親しかっ
たカール・クライン教授に師事し、学習障害、発達障害に関す
る日本のパイオニアとして活躍されています。子どもの発達に
ついて、臨床的な本の他、子育てに関する著書がいくつもあり、
多くの親たちや教育関係者に読まれています。

今回ご紹介する『あなたは人生に感謝ができますか?』は、佐々
木さんがカナダでクライン教授から学び、その後も研究を続け
られた「エリクソンのライフサイクル・モデル」について、心
理学になじみのない人にも分かりやすく書かれた本です。「ラ
イフサイクル・モデル」とは、心を病んでいる人、幸福に生き
ている人の両者を比較検討して、人間がどのような道筋をたど
ると健康で幸福な人生を送れるのかを探って作られたもので
す。人間の一生を、乳児期、幼児期、児童期、学童期、思春期・
青年期、成人期、壮年期、老年期の8段階に分け、それぞれの
心理的、社会的発達がまとめられています。例えば、乳児期(0
〜2歳)で重要なのは基本的信頼の獲得で、主に母親との信頼
関係によって、人や自分を信じる力を得られる、といったよう
なことです。

佐々木さんも本書で書いているように、人の発達に飛び級はな
く一歩ずつ前進していく必要があります。その過程を省いた見
せかけの前進は、いつか逆戻りして、問題として現れてくるの
です。幼い頃に母親に十分甘えられず、基本的信頼が不足して
いる場合であれば、大人になって不健全な人間関係のなかに生
きるようになる。その時は、母親との関係、あるいは母親代わ
りの人との関係からもう一度信頼を取り戻していく必要があ
るわけです。

それでは、本書より、ライフサイクル・モデルに関して、いく
つか抜粋してご紹介します。
===========================

P62 乳児期
エリクソンは、相手を信じることと自分を信じることは表裏一
体だと言いました。人を信じることはあまりできないけれど、
自信はあるという人間は、いないんです。人間は人を信じるこ
とができなかったら、自分を信じることができないんです。

P119 幼児期
エリクソンもまた、文化を教えるときは、ただ教えるんだとい
っています。(中略)教えたこと、しつけをしたことを、子ど
もがいつ実践するか、自分で決めさせてあげるということです。
いつからはじめるか、その時期の決定を、子ども自身にゆだね
る。子どもに決めさせてあげるから、自律性が育つんです。

P183 思春期・青年期
小学生時代、学童期には、たくさんの友達と交わり、学びあう
ことが大切です。価値観が自分と異なる友達とも交わって、い
ろいろなものを共有し合う。それが思春期・青年期になると変
わってきます。価値観を共有できる仲間をみつけるんです。自
分がどのような人間かということを仲間との関係のなかに見
出していく。この時期には、成熟へのモデルとして、すぐれた
先生や、各界で活躍する大人たちを求めることもあります。

P206 成人期
この時期に、親密性によって、生産性が高まります。(中略)
生産性とは、社会に価値を生み出すことです。成人期には、親
密な関係性をもつことで、社会に価値を生む力をより強くする。
これがエリクソンの示したテーマです。

P36 老年期
老年期をむかえた人は問われます。私たち人間は、宇宙の秩序
のなかで生きている。生かされている。その自分の生命、ある
いは人生に、感動できるだろうか。満足できるだろうか。エリ
クソンは私たちにそう問いかけているんです。

===========================
人生のそれぞれの時期に、重要な心理的テーマがあることをつ
かんでいただけたと思います。

本書を読むと、自分自身や子育てが、これらの心理的テーマを
知らずにライフサイクルの8段階をだいぶ過ぎてしまったと
嘆きたくなる人もいるかもしれません。しかし、時計の針を戻
すことはできなくても、これからの取り組み次第で、必要な心
理的発達を獲得することは可能です。実際に、私が八ヶ岳で行
っているメンタープログラムなどのセミナーでも、自分を癒す
ことで、多くの人が人生をガラリと変えてきました。ぜひ本書
を読んで、健康で幸福な人生の送り方と、人や社会とのつなが
り方を考えてみてください。


【目次】
プロローグ
第一章 人は最後に「人生への感謝」を問われる ――老年期
第二章 人間の生涯には八つのテーマがある
第三章 母に愛されて、こころが生まれる ――乳児期
第四章 愛されながら、自信をはぐくむ ――幼児期
第五章 遊びのなかで、挫折と成長を経験する ――児童期
第六章 授業時間よりも休み時間に多くを学ぶ ――学童期
第七章 仲間を鏡にして、自分を見出す ――思春期・青年期
第八章 結婚に人生をかけ、価値を生み出す ――成人期
第九章 過去と未来をつなぐ架け橋になる ――壮年期
エピローグ
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
『あなたは人生に感謝ができますか?』
佐々木正美(著)
出版:講談社