メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計140万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』『お金のポケットが増える スゴイ!稼ぎ方』(かんき出版)。
日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。
又ベストセラーとなった『やる気のスイッチ!』を元に「やる気を出す方法についてもっと知りたい!」という方の為に、やる気のスイッチセミナーを開催し、多くのファシリテーターも生みだしている。
最近では、新刊のスゴイ!シリーズとして「スゴイ!話し方」「スゴイ!稼ぎ方」のセミナーや勉強会も頻繁に行なっている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。



○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2016.07.17 Sunday

8月15日・・・盆踊り!!! 山崎拓巳、生まれ故郷の懐かしい夏♪

8月15日・・・盆踊り!!!

 

来ませんか?!

え?!はい!

無料です!!!

 

19:30〜20:00

神明公民館前、集合!

〒517-0502 三重県志摩市阿児町神明6

+81 599-43-1618

 

浴衣で来て欲しいな〜

セクシー浴衣、歓迎!(笑)

この村で山崎拓巳、生まれました。

 

志摩はサミットが今年開かれ、大人気♪

伊勢神宮に寄ったり、松坂牛を食べたり・・・


 

山崎拓巳の実家は「真珠養殖」をやっていました。

これが真珠筏です♪




海が綺麗だ。






 

美味しいお店、あります!

https://retty.me/area/PRE24/city/24215/


 

少し懐かしいね〜♪
田舎の少し錆びれた田舎の盆踊り・・・
ジブリの世界?!体験の夏。
仮装大会もありますよ〜♪

阿児町神明(あごちょうしんめい)は、三重県志摩市地名1897年(明治30年)までは神明浦(しめのうら)という地名であった。郵便番号は517-0502。「行政区別人口・世帯数一覧表」による2013年2月1日現在の人口は4,606人[1]1996年1月1日現在の面積は6.98km2である[2]

真珠養殖発祥の地であるとともに、志摩市の観光拠点である賢島を擁する地域である[3]

 阿児町神明 - Wikipedia

 

地名の由来[編集]

禁漁区の浜に注連縄を張り、そこで獲れたナマコ伊勢神宮伊雑宮に奉納していたことから「しめのうら」(神明浦)と呼ぶようになったことに由来するという[7]。1897年(明治30年)に鵜方村から分離する際、「浦」が外されて「神明」となった[7]

 

 

最近の浴衣、安くてお手軽に手に入るんですね。