メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計140万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』『お金のポケットが増える スゴイ!稼ぎ方』(かんき出版)。
日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。
又ベストセラーとなった『やる気のスイッチ!』を元に「やる気を出す方法についてもっと知りたい!」という方の為に、やる気のスイッチセミナーを開催し、多くのファシリテーターも生みだしている。
最近では、新刊のスゴイ!シリーズとして「スゴイ!話し方」「スゴイ!稼ぎ方」のセミナーや勉強会も頻繁に行なっている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。



○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2013.03.25 Monday

2013/03/25 13:16 “心の中の劇場”・・・全ては解釈によって創られている世界 


パトリス・ジュリアン」の名前を急に思い出す。
彼の本は本当に素晴らしい。

一度、彼と会ったことがある。
彼のお店に行ったとき、働いている人がボクのことを知っていて・・・
彼に紹介してもらった。

今、彼はどこに住んでいるのか?

フランス大使館員として来日。その後、日仏学院で勤務時に文化出版局から『フランス料理ABC』を出版。

レシピ本などの出版と共に、白金台に一軒家レストランCentre France des Arts、横浜クインズイーストにジャルダンドジュリアン、西麻布に衆縁など、レストランの経営を行う。 顧客には三宅一生角川春樹朝吹登水子など有名人が名を連ねていた。

2010年7月にフランスに帰国。現在は南仏で活動中。


とwikiで出てきた。
南仏に居るんだ。
連絡を取ってみたいな。
http://patricejulien.cocolog-nifty.com/blog/

碓井洋子さんに連絡が取れたらな〜


プチッとヨロシクお願いします!
↓↓↓
パリ生活情報

__________________________
__________________________


わお!


朝日新聞に「がらっと」の広告が出ていますよー!って
新園恭子のお母様がみつけてくれたみたい〜
ありがとうございます!

(笑)

__________________________
__________________________


↓↓↓ジュリアンのブログより抜粋↓↓↓









100%の責任 本当の意味は?

「全ての責任を引き受ける」 多くの人にとってこの責任という考えは、本来それが意味するものとは全く違う形で受け止められている。これは今までのいろんな出会いを通じで気づいたこと。根本的に人の心を解き放つものであるその姿勢は、どうやら危険なくらい歪んだ視点でとらえられているようだ。

人は責任という概念を過去の観点からとらえがちだ。そのため「今」起こっているあらゆる問題を、過去の失敗や過ちの結果として受け止める。だから気持ちが軽くなるどころか、重く感じてしまう。

でも実は「100%の責任」という概念は、今現在の経験に直結するもの。僕が感じ、評価する経験は、経験に対する僕の思考に関連してのみ感じられ、評価される。つまり僕が体験する全ての事柄は、必然的に僕の精神を経由しなければ成り立たない。自分の視点を変えることも、「誰か」がするように世界を見ることも決してできない。たとえ自分のパートナーが世界を見るその方法を解釈できたとしても、結局それは自分の内部で解釈された型の投影でしかない。僕が「キミって全く変わろうとしないね」と結論づけても、それは僕だけにかかわる問題であって、僕は僕自身を凝り固まった“心の中の劇場”に閉じ込めてしまっているだけのこと。かなしいけど仕方がない。

ここで出番となるのが“クリーニング”という方法だ。僕には外の世界で起こる争いや揉め事をクリーニングすることはできないけれど、現実にフィルターをかけている自分の中の幻想をクリーニングすることならできる。それは僕が世界に対して抱いてしまっている先入観を取り除くためであり、そうすることで僕の“現実”は進化する。

僕による解釈を通さなければ、全ては手つかずで中立だ。テーブルの上に置かれた一個のクロワッサンは、世界中の他の全ての事象と等しく、一つの物体でしかない。クロワッサンが僕の“責任”に出会うのは、それが僕の意識の中に入ったとき。おいしいかどうか、焼きたてかどうか、好きかどうか・・・全ては僕次第。クロワッサンも、社会も、現実も、みんな同じ。フィルターはひとつで、それを通して僕の意識は世界をとらえる。それが全て。

そうやって考えると「100%の責任」は実は「100%の可能性」だとわかってくる。なぜなら僕の思考は全部、僕だけのものだから。そして“外の世界”をコントロールしようという幻想が、いかに当てにならないものかもわかってくる。だからもう、僕は自分を何かの犠牲であるかのようには決して考えないだろう。なぜなら僕を閉じ込める“独房”の鍵は、自分のポケットの中にあることを知っているから。そしてそれはいつだって簡単に、楽園の鍵へと変えられるという秘密も。

「自分の今に100%責任を持つ」かどうか、この問いだけが、絶えず自分に投げかけるに値するクエスチョンなんだ。

翻訳:碓井洋子