メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計140万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』『お金のポケットが増える スゴイ!稼ぎ方』(かんき出版)。
日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。
又ベストセラーとなった『やる気のスイッチ!』を元に「やる気を出す方法についてもっと知りたい!」という方の為に、やる気のスイッチセミナーを開催し、多くのファシリテーターも生みだしている。
最近では、新刊のスゴイ!シリーズとして「スゴイ!話し方」「スゴイ!稼ぎ方」のセミナーや勉強会も頻繁に行なっている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。



○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2012.10.26 Friday

2012/10/26 5:50 ルワンダ虐殺の写真をきっかけに、紛争解決を職業とすることを志す。

 

瀬谷ルミ子さんを初めて知った。

http://ameblo.jp/seyarumi/

日本紛争予防センター(JCCP) 事務局長JCCPへのお問い合わせ:
ポスト<contact@jccp.gr.jp>

中央大学総合政策学部→英ブラッドフォード大学紛争解決学修士号取得。
国連PKO、外務省、NGOなどで勤務。
第二回秋野豊賞受賞。
2011年ニューズウィーク誌の世界が尊敬する日本人25人に選出。
ルワンダ、アフガニスタン、シエラレオネ、コートジボワール等で勤務。
専門は紛争後の復興、平和構築、治安改善(SSR)、
兵士の武装解除・動員解除・社会再統合(DDR)など。
アフリカのPKOの軍人、警察、文民の訓練カリキュラム立案や講師も務める。


今、ボクは彼女の存在に驚きながら・・・
ラウンジで酒に酔っている。

昨夜の貫徹・・・
今から寝るぞの決意のもと
強い酒をグイグイと飲んでいたら

彼女の存在に打ち当たった。
揺れる。心が揺れる。
なにもできない(できてない)自分に・・・


瀬谷ルミ子 - Wikipedia

↓↓↓

群馬県桐生市に生まれ育つ。高校3年生の時に新聞で見たルワンダ虐殺の写真をきっかけに、紛争解決を職業とすることを志す。中央大学卒業後、イギリスのブラッドフォード大学平和学部紛争解決学の修士号を取得する。大学院の修士課程在学中に、秋野豊賞を受賞する。

卒業後、ルワンダでNGO職員として働いたのち、2002年にシエラレオネの国連PKOに勤務、除隊兵士の社会復帰を行った。2003年からアフガニスタンの日本大使館において、軍閥の武装解除を担当したのち、2006年にコートジボワールの国連PKOで武装解除を担当した。

2007年に特定非営利活動法人 日本紛争予防センターの事務局長に就任。ソマリア、スーダン、ケニアなどで紛争予防活動を行うほか、アフリカのPKOの軍人、警察、文民の訓練カリキュラム立案や講師も務める。2011年、ニューズウィーク誌(日本版)「世界が尊敬する日本人25人」、「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2012」準大賞に選ばれる。


__________________________


彼女のブログより・・・

平和を仕事にしたい方、募集中外務省「平和構築人材育成事業」募集開始各3コース、10月15、22、31日応募締切!peacebuilderscenter.jp

‘南スーダン’緊急事態水も食糧も不足しています。国境なき医師団の医療援助活動にご協力をwww.msf.or.jp

≪シリア緊急支援≫深刻化するシリアの政情不安今すぐご寄付を!【国連UNHCR協会】japanforunhcr.org

募金ですべての子どもに教育を。勉強したくても出来ない子どもたちの為に1日50円から教育支援が行えますSavechildren.or.jp

__________________________

サンクチュアリ出版のケイスケ君に・・・
拓巳さん、なにをマニアックに知りたいですか?って聞かれた。

ボクは・・・

死生観

緩和医療
エンディングノート
人生
哲学

そんなことを
言葉をまぶして答えた。

しかし、
しかし、
しかし、

あ!飛行機の時間だ。
きっと、BAは満席。
どんな人と、向かい合いの席なのか?
これ、重要。(笑)

__________________________