メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計140万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』『お金のポケットが増える スゴイ!稼ぎ方』(かんき出版)。
日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。
又ベストセラーとなった『やる気のスイッチ!』を元に「やる気を出す方法についてもっと知りたい!」という方の為に、やる気のスイッチセミナーを開催し、多くのファシリテーターも生みだしている。
最近では、新刊のスゴイ!シリーズとして「スゴイ!話し方」「スゴイ!稼ぎ方」のセミナーや勉強会も頻繁に行なっている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。



○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2011.09.18 Sunday

2011/09/18 15:30 中高生の勉強あるある、解決します。




『中高生の勉強あるある、解決します。』

・・・が発売されました!!!
ボク達の仲好しさんなんだー!

ほとんどの中高生が“自己流”であろう「勉強方法」。そして“自己流”だからこそ、多くの人が持っている勉強の悩みを、「あるあるネタ」として紹介しているのが、本書の最大の特徴です。「平成生まれ」「ゆとり世代」「ケータイ世代」「デジタルネイティブ」真っ只中の現役大学生著者だからこそ書ける、中高生目線での「勉強のヒント」が満載です。本書で取り上げる「あるあるネタ」は全部で40個あり、それぞれの「あるあるネタ」に対して解決のヒントを5個以上紹介する形式。「あるあるネタを通じて、勉強方法をプチ改革」することで、成績が向上しポジティブになれる、充実の内容。

__________________________


てっぺんの大嶋君のメルマガ・・・

↓↓↓
__________________________


【お父さんありがとう】

私の父は、私が物心ついたときからPTA会長でした。

小中学校ずっとでした。

父親というよりも、学校にいるおじさん…というイメージでした。

正直大嫌いでした。

いつも壇上でエラそうに話しているし、父のせいで先生たちにはいらないひいきをされたり、成績一番スポーツ一番でも、PTA会長の娘さんだから当たり前。

ほんとにウンザリでした。

そんなわたしも小学生の時は期待に応えようと、超優等生でした。

中学生になってもなんとかがんばろうと必死でした。

でも、中学三年の春にプッツリ切れてしまってなんにもがんばる気がなくなりました。

勉強もスポーツもしなくなり、ダラダラ過ごすようになりました。

悪いこともいっぱいしました。

そして、ついにPTA会長である父が校長室に呼ばれてしまいました。

父は私の目の前で校長先生に頭を下げていました。

初めて見る光景でした。

私は父に叱られたことがありませんでした。

そんな父に一言いわれました…

「やりすぎたな…」

私は言い返しました。

「パパがPTA会長だから、私はこうなった」

父は何も言いませんでした。

私は思いました、

「この人は親じゃない」

その二週間後に、夏休み前の終業式がありました。

そこには、いるはずの父の姿がありませんでした。

父は、小中とずっと続けてきたPTA会長を辞任していました…

私は本当に驚きました。

家に帰って、父と話をしました。

初めてPTA会長ではない、ただの父親と娘として会話をしました。

「お父さんは、学校のために今までがんばってきたけども、これからは万里子のためにがんばって行こうと思う。

今まで寂しい思いさせて、悪かった。」

私は父に抱きつきながらワンワン泣きました…

私はただ寂しかっただけ…

自分を見てほしかっただけ…

父は生きがいだったPTA会長を辞任してまでも私と向き合おうとしてくれた。

親の愛の深さを知りました。

それ以来、本当に仲良しで、恋愛の相談をしたり、朝まで語り合ったりしています。

子供のSOS

親の愛情

伝えたくても伝えられない、
伝えてるつもりが伝わっていない、

親子関係は難しいけど、絶対に向き合えば理解しあえると思います。

パパ、8年と3ヶ月、学校のためにつくしてくれてありがとうございます。

パパの娘でよかった。

=====